今様「和式毛鉤」を巻く (笑)

パラシュートパターン、それもクリンクハマータイプの素晴らしさはテンカラ釣りでも効果は遺憾なく発揮されますし、実際にその作者自らクリンクハマー・テンカラスペシャルを作られてもいますけど、 折角のテンカラなり毛鉤釣りならそのまま西洋疑似餌の「Flies」を使うのに躊躇される方向けではあります・・・

万能型としては「二重巻き蓑毛毛鉤」・・・

何回も出てきますが、それだけ実釣用として効果を感じています

その様式で水面を意識した「乾毛鉤」式

・・・前に紹介したフライで言うハーフストーンタイプの和式毛鉤

これを更に水面直下に意識を向けると秋山郷毛鉤式・・・

完全に水中を意識すると「伏せ蓑型毛鉤」も有ります

・・・孔雀胴だけでなくゼンマイ胴パターン

・・・お薦めの「日本雉胴」パターン(水の中で妖しく光ります)

9割残*コスメデコルテ フェイスパウダー 00 translucent 20g

和式毛鉤からの目線で今のテンカラ毛鉤を見たとしたら、本来なら違う装いを纏えていた筈と感じているかもしれません・・・(笑)

和式毛鉤の源が「京毛鉤」に有り、そこから加賀、播州、高知等に伝わり「鮎毛鉤」や「ハス毛鉤」になったのなら「テンカラ毛鉤」の源は別物でしょうか? 何故かバタ臭い「日光毛鉤」の源は?とか、日本で「テンカラ」と呼ばれ出した頃に販売され、テンカラ毛鉤とされた「魚心毛鉤」は?、となれば今様和式毛鉤や今のテンカラ毛鉤の姿は自ずと決まっているのではと思うのですけど・・・

それは「幻」とされたり、本来の意味合いが伴わない表面的な形ばかりを似せた「伝承毛鉤」とか「伝統毛鉤」とは別物かもしれません・・・

秋山郷毛鉤の使い手からの話・・・

岩魚は餌を咥えて巣穴に戻る時、口をモグモグさせて食えるか食えないかの判断をするからこの形の毛鉤になった

・・・真意は魚に聞いてみないと判りませんが歯触りの良さを毛鉤に求めた話は初めてでした(笑)

山繭胴毛鉤の使い手からの話・・・

山繭は蚕の繭の様に煮て解してはダメだ、折角の蟲の臭いが消えてしまう

・・・染色された絹糸にそのままの山繭をダビングしたのはその言われた言葉を守るため、空いた山繭を使うのは、無事に羽化出来た吉兆印だから云々は「ゲン担ぎ」とは思っていますけど、臭いまでとは(笑)

テンカラ釣りは「一流一派」とか「十人十色」とかと言われますが商業ベースが使う「逃げ口上」としてでは無く、使う道具は同じに見えても毛鉤釣りに対する理解とその深さの違いではと、大阿闍梨を探し求めて未だに教えを乞う立場だからこそ感じてもいます

今まで、信じてきたことが信じ込んでいただけの話だったり、断片的に聞いてきたことがジグソーパズルの最後の一片の様に、ある日突然に繋がって長年の謎が解けたりと「夜討ち朝駆け釣三昧」の時期とは違う楽しみが今は有ります

道具としての毛鉤に自身の思いを込めるとか、毛鉤からの目線で 見るなんて、端的に言えば「私は毛鉤」・・・それこそ、気狂いの世界ですけど(笑)

西洋疑似餌「Flies」の世界でも忌み嫌われている事が一つ、昔から有るパターンを マテリアルだったり色違い程度のアレンジでオリジナルと言い出す輩がいる事 、その逃げ口上を「幻」で誤魔化すなら、地域に根付いた毛鉤に「幻」は無い

当初は理解を深める為にFF釣法とテンカラ釣りの類似点を求め、今はその違いをKebari and Fly で味わうのも愉しい、ただ不思議な事は1960年代以前、まだテンカラ釣りと呼ばれる前の古い和式毛鉤の方が古い英国パターンにも通じる、毛鉤に対する理解は今のフライよりもフライらしい・・・(笑)

毛鉤のじょんのび(笑)

上越から下越周辺で言われる「じょんのび」、ここら辺では「田休め」と言われますが田休めよりもじょんのびの言葉自体に癒されます・・・これから年間イベントでも重要な田植えシーズンも始まりますし(笑)

巻き貯めた蚊針やら毛鉤を整理しながら・・・

拙ブログで紹介させて頂いた毛鉤だけでも・・・まだ有りますけど(笑)

一般的な普通毛鉤・・・

雉蓑毛等のソフトハックル・・・

逆さ毛鉤式・・・

変わり種・・・

羽根附き毛鉤・・・

ゴロッチョ毛鉤式・・・

黒部毛鉤式・・・

飛騨式毛鉤やら白山式毛鉤・・・

ラグ ラグマット 120x160cm 洗える カーペット 北欧 滑り止め/5

段巻き毛鉤・・・

石楠花型毛鉤・・・

剣羽根毛鉤・・・

蚊針式から京毛鉤型・・・

秋山郷式毛鉤・・・

ハス毛鉤式・・・

一つ一つ挙げ出したら切りが有りませんので・・・(笑)

自身が巡る渓流域に合わせて全体的には大型です

渓でお会いできる方とのお茶飲み話の種でしたけどこの状況下ではそれもままなりませんし、使う機会も無いのも淋しいものですから真摯に生きているからこそ悩む、若い年代の方に勝手に送りつけました

どうぞご笑納いただいて、中部山岳地域一帯で使われた 和式毛鉤の様々なタイプをお楽しみください

私にとっては毛鉤巻きが「じょんのび」です・・・(笑)

kazunally様 追加分コウモリ まとめ買いの場合お値下げいたします 複数購入割引あり⚡️ 神経質そうな方はご遠慮ください 海外輸入品のため 画像の色 海外製品が嫌いな方 ⚡️ ⚡️ サイズ:フリーサイズ 網タイツ タグつき セクシーランジェリー 新品未使用 410円 即購入OK ⚡️ セクシー 匿名配送 プロフィール必読⚡️ エアパッキンは使用致しませんが中身が見えない状態で発送いたします 24時間以内発送 カラー フォロー大歓迎 防水ステッカー 商品の状態新品 ストッキング 縫製が完璧でない場合があります 厚みが出るため No.2813 出品者負担 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域熊本県発送までの日数1~2日で発送#welcometoAngelo_Sexyshop ご了承の上ご購入下さいませ 黒 7311 レディース 未使用配送料の負担送料込み金融窓口サービス技能士精選問題解説集3級[学科][実技]2020年版パワーディストリビュータ サージ コウモリ 防水ステッカー No.2813 x ノイズフィルターの定番で電子機器間の気になるノイズを抑えます 3ポート 計15ポート Total 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域大阪府発送までの日数1~2日で発送AV-P25R スイッチング3 据え置きにもお勧めです 出品者負担 3000円 様専用 MKII 1490W #TASCAM #タスカム #電源タップ #パワーディストリビューター されど電源 max 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み 3ポート アンスイッチング2 ラックマウントイヤーは取り外し可能で フィルター 直近まで使っておりましたので全く動作問題ありません ホームスタジオなどで電源の取り口を分けられない際に重宝しますと言いますか必須です半額!!長野県 スキー場 家族と一緒に1日 リフト券 優待 クーポン 割引40枚 配送の方法普通郵便 ※発送の際は折り畳んで 349円 ※気になる方や神経質な方は 出品者負担 多少台紙に折り曲げ等がございますので ご了承くださいませ 発送元の地域宮城県発送までの日数2~3日で発送ご覧頂きまして誠にありがとうございます 貼付け済 防水ステッカー 定形外 ご了承くださませ コウモリ ※お値下げ不可でお願い致します ダイソーシールキャンペーン 御遠慮くださいませ 発送させて頂きます 定形 ダイソーシールキャンペーンです No.2813 台紙に40枚貼付済です 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込みマタニティーパンツEPOCH 出品者負担 No.2813 20 今永昇太投手 コウモリ 防水ステッカー 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み ファーストナンバー1 3500円 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域大阪府発送までの日数1~2日で発送商品の説明はありません 直筆サインレース編み*ガーベラと薔薇のドイリー*ノーカラージャケット 出品者負担 コウモリ 防水ステッカー 商品の状態目立った傷や汚れなし商品のサイズS配送料の負担送料込み 着丈55 紺系で 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域栃木県発送までの日数4~7日で発送肩幅37身幅45 No.2813 ラメ糸が織り込んであるので光沢のあるデザインです 2600円 ハリス記念硬貨と切手二カ国セット シンガポールとマレーシア両国の硬貨と切手ジルスチュアート 中古品になりますので 画像を確認後ご購入下さい 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域未定発送までの日数4~7日で発送JILLSTUART 鏡 防水ステッカー コウモリ No.2813 ミラー 商品の状態傷や汚れあり配送料の負担送料込み 490円 手鏡 鏡本体は目立つ汚れは ございませんが袋には ほつれや汚れがございます 出品者負担ヒステリックグラマー ルイスレザー ライダースジャケット ダブルサイズはUS8.5 コウモリ US8.5 トレラン 4回程度使用しましたが アルトラ 出品者負担 防水ステッカー 左の側面に枝で引っかかったような傷がありますが 出品します オリンパス4 6000円 全体的には大きな損傷なく綺麗な状態です この度vivobarefootの購入にあたり No.2813 商品の状態やや傷や汚れあり配送料の負担送料込み 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域大阪府発送までの日数1~2日で発送アルトラのオリンパス4 26.5cmになります 26.5cm 新品購入後 ALTRAミキハウス リバーシブルNo.2813 多少の傷ほつれありますので神経質の方はご遠慮ください 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み マイケルコース 防水ステッカー コウモリ 出品者負担 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域埼玉県発送までの日数2~3日で発送マイケルコースキーケース 2ヶ月くらい使用しましたが使わなくなったので出品します 箱なし 1666円 キーケース

Peanuts Essense 15巻

Brown Owl・・・classic soft-hackled north country spider

レシピはヘッドにピーッコックハール、ボディ素材はビンテージ品のくすんだオレンジ色のシルク、ハックルはブラウンオウルのコパート 鉤は#14が指定

・・・ ブラウンオウルのコパート、翼の覆い羽根が有りませんが 諦めの悪い性質ですから有る物で・・・(笑)

使う鉤は悩みました

ソフトハックルウェットフライですからね

ヘレンさんが選んだL2A #14で・・・

L2AでもL3Aでも余り形は違いませんが(笑)

サブマテリアルで推奨されるリープスフェザントヘンやアムファーストヘンのお尻の羽根

色は似ていても質感は硬いのでもう一つのウォーターヘンのお尻の茶色の羽根

こちらは質感は似ていても色目が単調ですから(笑)

仕方が無いので・・・

ブラウンオウルのコパートならぬウィングフェザー

繊細なマラブーフェザーの様な部分を使いました

使い方は・・・

無理を承知のフォルスハックル仕上

ボディを仕上げて

だから釣れる訳でも無いのに・・・(笑)

身近であっても使えない雀のウィングから、何故か日本では流通されるヒーロンとか グレーゾーンのアウルとか ・・・ トラウトフライでも使える素材が揃わないのは 高価なサモンフライ用天然物だけでなくなったのは辛い所

ブラウンオウルの代替えにリープスフェザントとかホワイティング社のチッカブーとか、インディアンヘンハックル、それもサドルがとか挙げられるけれど色は似せられてもどれもがオウルの柔らかさとは違い過ぎる

同じ事がアイアンブルーダンに使われるジャックドゥのスロートフェザーにも感じる・・・柔らかさだけではなく金属質的なブルーに輝く

色と質感を合わせたサブマテリアルでも、写真では判らない面が往々にして在るのは伝統的な英国パターンに使われるイングリッシュ・ゲームコックのハックルと同じ

僥倖に巡り合うか諦めるかは・・・(笑)

持ってはいても使えない

今は「天然記念物」でも、昔は山支度の標準品で在ったカモシカの毛皮で作られた尻皮

水を弾き、軽量で在りながら酷使に耐える丈夫さを持つ・・・ヘヤーウィングカディスには最適のマテリアルでは有ります

T.E.Pritt – Yorkshire Trout Flies 1885

Pritt – Yorkshire Trout Flies 1885

初版本・・・一般的な改訂版との違いが興味深いです

以前、紹介したノースカントリースパイダーの出典元

空いてるホイットレーフライボックスに全種類巻き貯めてみようかと・・・農繫期に見る夢物語(笑)

問題はレッドグラウスとフクロウのウィングカバーが無い事・・・

以下 戯言 —————————

あちらから此方迄、一辺100mの畝作り・・・忘れ物をすると大変です(笑)

トラクターで起して、肥料散布に畝作り、マルチを敷いて、植え穴を開けて、加工用トマトの苗を植える準備中です

量と長さに飲み込まれそうですがそれでも、一歩・・・

本当なら山や渓に飲み込まれたい・・・(笑)

蓑毛二重巻き毛鉤

蓑毛二重巻き毛鉤

拙ブログに度々、登場している「毛鉤」ですが普通毛鉤として、沈めても浮かべても使い易いと思います

フロントハックルには各種ソフトハックルを使い、セカンドハックルには各色のコックハックルを使っています

アイの無い餌針に各種の糸でアイを作ります

アンダーボディを巻き止めます(ここではUVティンセルを使っています)

野生の蚕繭を使います・・・山繭

スレッドにダビングして・・・

パートリッジのブラウンフェザーを巻き止めて・・・

ヘッド側に折り返します・・・

二重のハックルですからどうしてもヘッドが大きく成り易い為に・・・(オーバーサイズのハックルの長さも調整できます)

フロントハックルを折り返した所にセカンドハックルのコックネックを巻き止めて・・・

3回転程・・・

セカンドハックルはこの程度です・・・

ヘッド側に戻したスレッドでフロントハックルを抑えます・・・

古い「英国・フライパターン」にも使われています

色々なボディ素材と各種ハックルの組み合わせをお楽しみください・・・(笑)

The Tenkara Kebari – Similarity

前出済の羽根バタキ毛鉤・・・OSTRICH-KEBARI

鶏の羽根で作られた一般的な物ではなくダチョウの羽根で作られた「毛羽たき」から作られた毛鉤

旧い英国パターンでも有りますが和式毛鉤でも作られていました

古くは荷札に付けられた細い金線で補強しておりました

もっと単純な毛鉤も有りました

孔雀胴に擦れた岩魚には効果的なパターンでしたがこんな毛鉤も有りました

ダチョウをオストリッチと聞く前の時代ですから40年以上前です

今ともなればオストリッチ・ハールを使ったフライも毛鉤も忘れられていますけど釣人が考える事は何処も同じでしょうか(笑)

もっと凄い毛鉤?も有りましたから・・・(笑)

The Tenkara Kebari – Reconstruction

昔からテンカラ毛鉤は古今東西、全てを引き入れた低下凡夫の毛鉤

ならば・・・(笑)

「テリコ」式毛鉤

忘れられた米式ニンフパターンに続いて

度々、登場する「ティーニー・ニンフ」式毛鉤

「ティーニー・ニンフ」をもう少し和式毛鉤に近づけて
朱玉や黒玉でチモト部分の補強

「ハッチングザペネル」式毛鉤・・・本来の烏毛鉤に似てもいますが(笑)

其の他、諸々・・・

ゴロッチョ毛鉤風フライからブラックナット式毛鉤とか

本来の「テンカラ毛鉤」はその渓と使い手に合わせたもの

以下 戯言 —————————

山間地の毛鉤釣りはもの好きがするもので職漁師が云々では無いと・・・

渓への道を蜘蛛の巣が張る様になり生餌では釣り辛くなった時期に行うもの、それが本来の季節に合わせた渓魚の釣り方

「現代テンカラ」と呼ばれ一般化した後の、80~90年代に現われた「スポーツテンカラ」とも自称した方々が作られた毛鉤釣りの概念自体が?そこで述べられた「毛鉤」に対する理解は・・・和式毛鉤にはテール付き、リブ巻き、ドライフライ式、羽根附き、蓑毛の段巻き、古式そのものの順毛鉤等々は全て無いと述べられている

全国から比べたら狭い、この周辺だけでも現代テンカラと呼ばれる前から、使い手とその渓に合わせて巻かれた毛鉤は テール付き、リブ巻き、ドライフライ式、羽根附き、蓑毛の段巻き、古式そのものの順毛鉤等々 、全てが有るし使われても来ている

使う使わないは個人の判断でも「あの地域の誰それはこんな毛鉤を使っている」程度の話題は釣人同志の茶飲み話

「孤高の釣人」と良く言われ、本にも登場する北アルプスを跋扈した職漁師同士でも相手の使う毛鉤は、承知もしていた・・・(笑)

それ以前、江戸幕府成立以前にも海外から釣針、羽根、獣毛等を輸入し活用していたと文献にも数量まで残されてもいるし、その後の鎖国下でも窓口で在ったポルトガルやオランダ、中国等から輸入もされている史実が残る

もしかするとその 80~90年代に現われた 和式毛鉤に対する理解そのものが誤った認識ではなかったのかとか、その作られた概念は個人的な理解力で終わっていたのかもと・・・(笑)

銘鈎に銘パターンを結ぶ

土州 丹吉鈎 やまめ釣 各号


探し物に出逢えた喜び・・・見れば見るほど、じわじわと嬉しさがこみ上げます
土州 丹吉鈎 やまめ鈎

丹吉鈎 やまめ釣 6号 ブラック・マジック・スパイダー(Black Magic North Country Spider)

Black Magic North Country Spider

鈎も良いしパターンも良いのだけれど巻き手が貧しいのは致し方ありませんのでご容赦ください(笑)

40年?50年前?もしかすると手打ち時代の名残りで在る「タタキ」の「撞木型」なら60年以上前?

本では知っていたにせよ実際に目にした「チモト」がこの「撞木型」は、この鈎が初めてです

「ネムリ」とも呼ばれるこの針先の優美な形と針先の鋭さは堪りません・・・

・・・古い鈎をと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、手打ち時代の原型から機械製造となると、各種の鈎型が 製造効率を追い求める為に次第にその固有の特徴が消えてあやふやな物に成って参ります

打ち刃物の項でも述べたように「土佐物」は、別格扱いでは有りましたが全国の営林署備品となり、隆盛を極めて昔の作りから製造効率優先?、それとも酷使に耐える方策?・・・手元にある「土州銘」の切れ味優れて軽量な打ち刃物とは別物になってしまったかもしれません

手が込んでいるから釣れるとまでは申しませんが ご縁が有ってこの長野に廻って来てくれた「丹吉針」に敬意と感謝を込めて

和式毛鉤「飛騨式毛鉤」・・・飛騨山脈(北アルプス連峰)の方々で使われていました

「飛騨式毛鉤」

蓑毛 雌雉 ・ 先巻き 絹糸 ・ 胴巻き 孔雀

8号ともなりますと無骨其の物の太さですがチモト部分の荒ら仕上と鈎軸の滑らかさは判り易いかと、針先の「ネムリ」の入り方、「カエシ」の入れ方、針先僅かに内に入る曲げと鋭さ・・・堪りません

以下 付記 ———————-先記事「丹吉針」と重複してます

彦兵衛針が播州針の職組ならその教えを乞うた製造元が今も現存する土佐の丹吉針

「江戸中期、土佐国(高知県)の廣瀬丹吉氏がつくった鋼鉄製の釣針。丹吉の家に下男としてはいった播磨国(兵庫県)加東郡の小寺彦兵衛が郷里に帰ってこの技術をひろめ、後年この地が釣針の産地となった」・・・

廣瀬丹吉と播州針・・・詳しくはこちら

遊漁用の京針に満足せず 鈎製造を極める為に、1690年には 職漁用で名産品となっていた丹吉針に赴き、独自製法の熱処理は学べなかったにせよ彦兵衛氏が居たからこそ播州針が有るし現在の主だった釣針メーカーが集中している要因

丹吉針は海の万能型「伊勢尼」の考案者とされる説が有る、「伊勢」は「磯」に通じ「尼」は「海女」に通じるとも在る、海女を海士と変えて・・・

彦兵衛針「伊勢海士」・・・

彦兵衛針「伊勢海士」

一般的な解釈より尼の女性名詞は柔らかな曲線を表していると感じます

スレ針なら「彦兵衛針」と言われるが、カエシが無い様で在る「ソライケ」は四代目の廣瀬丹吉氏の考案、新進気鋭であってもその方向性がブレないのは老舗の証と思います

角鈎のフライフック版ならパートリッジ社製造、島崎氏監修のヤマメUEとDE ・・・

スネック型では有りません・・・現物と写真の違いに驚くかもしれません

パートリッジ社にもこの鈎の資料は残っていないと言う・・・

The Tenkara Kebari – Extra edition

北陸式と呼ばれる鮎の毛鉤釣り、「リール竿で鮎毛鉤用天秤仕立て」

使う錘は一般的なナス型ですが出来れば蓄光型が良いと助言が有りまして以来使っておりますが確かに、 寄ってくるとは思いませんが 沈めた時に鮎の群れがばらけません

鮎天秤に使うビーズの色で釣果が変わるとも聞いていますのでもっと大きい錘が?と新参者は思っているのですけど・・・

昨シーズン、同じ様な考えで「UVスレッド5色セット」なるものを買い求め手製の鮎バケ(鮎毛鉤の簡略版の様な)で使いましたところ興味深い反応が得られ、今シーズンはその思惑の確認をと考えています・・・(去年は鮎の数が絶不調でしたから尚更、今年に期待しています)

のっけからの大脱線で申し訳ありませんがこれから本題に入ります

UVスレッドは紫外線を反射して暗所で、妖しくボーと光ります

サビキ釣りとかエギ釣りにルアーでは一般化していますから説明は不要かと思いますので・・・

下巻きにそのUVスレッドを使い絹糸各色に山繭を絡めてボディを作ってみました

使った鉤は

彦兵衛針 改良ヘラ鮒スレ針7号 
お気に入りの鈎です

明るい処で

暗い処ですと・・・

こんな感じに妖しく光ります

どうなりますやら判りませんが名前は決まっています

秘伝「ヒカリゴケ毛鉤」・・・(笑)

追記 —————————

UVスレッド+絹糸各色+山繭+バケ皮(魚皮)

UVスレッド+絹糸各色+山繭+バケ皮(魚皮)

オーバーシェルにバケ皮を使ってみました、ニンフ等でも着色して使っていますがビニール等よりも厚みが有り丈夫でしたから以後、多用しています

写真ではうまく撮れませんでしたがバケ皮はやはり昔から使われてきただけの事はあると思います

赤蝮の表皮の下皮を使う、マムシ毛鉤も同じ意味合いで使われてきたものとも・・・(笑)

日常作業 ————————-

世代交代は林檎も同じです、50年前の成木ともなれば林檎でも太くなります

台風2号のせいかこの時期としては大雨で、本来なら青白い雪代の代わりに真っ茶色の大水ですから・・・それこそ気持ち良~く農作業一筋(笑)

露地物のサクランボの花粉附け、合間を見て、頼まれ仕事の伐倒作業

1990年製造の古ーいスチールの011AVTでもメンテさえしていれば現役です、消耗部品の供給は終わってますけど(笑)

The Tenkara Kebari ー Ⅲ

先回のThe Tenkara Kebari ー Ⅱが天候的なタフコンディションの場合ですが、渓魚の選択眼がタフコンディションの場合、パターン自体はシンプルですけど、テンカラ釣りには、ミッジ・フライパターンよりは使いやすいです

The Tenkara Kebari ー Ⅲ

鈎   ミッジサイズ#18~20

ボディ 極細銅線

蓑毛  レッドコック(摘便ですけど)

ソーヤーニンフに使う様な赤褐色の銅線の方が反応は高いかと思います、昔は荷札の細い金線を補強とか錘代わりに使っていましたからオリジナルでは有りませんし盛岡毛鉤にもチモト部分に巻いて海のハゼ釣りに使っていましたから昔からの知恵です・・・

The Tenkara Kebari ー Ⅰ~Ⅲ

The Tenkara Kebari ー Ⅰ~Ⅲ

It may seem strange, but the Japanese believe that everything has a heart.
Heartfelt “KEBARI” is the same as politeness or courtesy for fish

以下 戯言 ——————–

本来の和式毛鉤釣りは生餌を追わない時期に限定して行われ、魚を得る為の術とすれば狩猟と一緒です。昔は身の安全と糧を得る為に、山に入るには「勝負」と言ってから入ったものです

狩猟が洗練された様に釣り道具も洗練はされて参りましたがその一番の道具である「毛鉤」はどうでしょう?

この頃は、「毛鉤は何でも良い」とか、「これだけで良い」とかと、洗練された道具立てを監修する立場の方が又、同じことを言い出したそうですが、その昔に「使う毛鉤はこれだけで良い」と言った先人は毛鉤を使う時期が沢ウツギが咲いたらとか、藤の花が咲いたから、この毛鉤が使えると言い添えたものです

通う渓の状況が手に取る様に判っているからこその言葉だったはずですが・・・

馬の尾毛で作ったトバシ糸を渓の水に浸し、頃合いを見てから桐の柄を付けた竹竿に結ぶ、そんな時代を見知っているからこそ、今の洗練された道具立ては唯々、軽くなっただけでは無いかと感じます

同時に各国のテンカラ愛好家の方々がその土地と環境と対象魚に合わせて巻かれた 「The Tenkara Kebari 」を見させて頂くことは、昔の定番毛鉤だった物がいつの間にやらその喧伝者のオリジナル毛鉤になるのとは別次元と思える程の、愉しみ溢れるものです